【全部無料】ブログの下書きにはこれ。おすすめツール3選を紹介

  • URL Copied!
お悩み人

ブログ記事は下書きをしてから書いたほうがいいと聞いたから、下書きにおすすめのツールが知りたい。

こんな悩みを解説します。

本記事の内容

・ブログで記事を投稿するまでの流れ
・ブログで下書きツールを使うメリット
・ ブログの下書きにはこれ!おすすめツール3選を紹介【全部無料】
・ 【個人的おすすめ】ブログにおける下書きツールの使い方

・ブログの下書きに困ったときの対処法

ブログ記事を書く上で下書きはとても重要な作業です。

いきなりWordPressに書くより下書きした方が効率良く書けるからです。

「無料で使える」「シンプルで使いやすい」ブログに便利な下書きツール3選を解説します。

下書きツールを使えばブログを書くのが楽になり、読者さんが読みやすい文章のブログ記事を書けるようになります。

目次

ブログで記事を投稿するまでの流れ

まずはブログで記事を投稿するまでの流れを確認しましょう。

1 キーワード設定をする (下書きツール)
2 ペルソナ設定をする (下書きツール)
3 記事構成を作成する(下書きツール)
4 本文を書く(下書きツール)
5 WordPressブログにツールで下書きした文章をコピペする (WordPress)
6 アイキャッチや記事内画像を用意し、装飾をする (WordPress)
7 誤字脱字を入念にチェックする (WordPress)
8 記事を公開する (WordPress)

ブログ記事を公開するまでの

キーワード設定をする (下書きツールを使用)

ブログで記事を書くならまずはキーワード設定からです。

キーワード設定をしないと「誰にどんな記事を届けるのか」が決まらないからです。

当記事は「ブログ 下書き ツール」というキーワード設定で書いています。
ブログの下書きに使えるツールを知りたい人に、おすすめの下書きツールを解説する記事です。

キーワードを設定したら、下書きツールに決めたキーワードをメモします。

ペルソナ設定をする (下書きツールを使用)

次にペルソナ設定をします。

ブログでいうペルソナ設定とは「顔がイメージできる人を記事のターゲットにする」ということです。

設定したキーワードを検索する人の検索意図・悩み・ニーズを把握するために行います。

当記事のペルソナは「ブログを始めた頃の私」です。
ブログ記事っていきなり書いていいのかな?下書きとかしなくていいのかな?
なんて悩みを持っていました。

設定したペルソナや検索意図・悩み・ニーズを下書きツールにメモします。

記事構成を作成する(下書きツールを使用)

記事構成を作成します。ざっくり言うと記事の骨組み作りです。

骨組みを作っておくと、本文書きやすくなるからです。

具体的には、「記事タイトル」「書き出し(リード文)」「見出し(目次)」を書きます。
当記事も本文を書く前に記事構成を作っています。

記事構成も下書きツールに書いていきます。
書き出し部分は、 下書きツールに書いてもいいし、WordPressに直接書いてもどちらでもいいです。

本文を書く(下書きツールを使用)

記事構成で作っておいた見出しに本文を書きます。

見出しが決まってるので対応する内容を簡潔に書けます。

結論→理由→根拠・具体例→再度結論
上記の順番で読者さんがサクッとストレスなく読める本文を書きましょう。

本文は下書きツールに書いてもいいし、WordPressに直接書いてもどちらでもいいです。

WordPressブログにツールで下書きした文章をコピペする

これまで下書きツールに書いてきた文章をWordPressブログにコピペします。

キーワード設定とペルソナ設定以外の下書き文章をコピペしてください。

ここから先はWordPressブログのダッシュボードで作業します。

アイキャッチや記事内画像を用意し、装飾をする

アイキャッチ・記事内画像を用意し、下書き文章に装飾をつけます。

下書き文章のままでは画像や装飾による強弱がなく、ブログの文章として読みづらいからです。

アイキャッチ・記事内画像を作るおすすめツールは「Canva
装飾が充実しているおすすめのWordPressテーマは「SWELL」です。

つみたてちゃん

見出しタグを設定するのも忘れないでくださいね。

誤字脱字を入念にチェックする

音読・黙読の両方で誤字脱字を入念にチェックしましょう。

読んでいてつっかかる文章は読者さんにとって「読みづらい文章」なので修正しましょう。

つみたてちゃん

私は音読してすんなり読めない文章は別の言い回しに変えてます。

記事を公開する

問題がなければブログで記事を公開します。

ブログで下書きツールを使う3つのメリット

ブログで下書きツールを使うのには明確な3つのメリットがあります。

メリット①:ツールに下書きが残るのでリライト時に役立つ

ツールに下書きが残るのでリライト時に役に立ちます。

WordPressに直接書いてしまうと、記事を公開したら下書きが残らないからです。

下書きツールに書いていれば、最初の執筆時のペルソナ設定などが残っているので、どこに問題があるのかを把握しやすいです。
私は実際にリライトするときは、下書きツールを見てリライトする内容を考えています。

ツールに下書きをするとリライト時に活かせるのは大きなメリットです。

メリット②:ブログ記事の執筆を効率化できる

ツールに下書きをするとブログ記事の執筆を効率化できます。

下書きではブログ記事の大枠から書いていくので、本文を書くときに読者さんが読みやすい記事を書きやすいからです。

会社でプレゼンをするのにアドリブで作った資料を使いますか?
下書きもせずアドリブで作った資料では、誰かを納得させるのは到底不可能です。
ブログはネット上で不特定多数の人にプレゼンをするのと同じです。

効率良くブログを書けるだけでなく、読者さんが読みやすい記事を書けるのはツールに下書きをすることの大きなメリットです。

メリット③:スキマ時間にブログの下書きができる

ツールやアプリを使えばスキマ時間にブログの下書きができます。

今回紹介するツールにスマホとパソコンを同期する機能(スマホで書いたものがパソコンに反映される)があるからです。

例えば、電車での通勤時間や待ち時間にスマホで下書きを進めておいて、時間ができたらパソコンで作業ができます。

私のように副業でブログをやっている人にスキマ時間の有効活用は超大事です。

ちょっとした時間でブログの下書きが進められるのは、ツールの大きなメリットです。

つみたてちゃん

副業ブロガーにとってスキマ時間の有効活用は超重要。

ブログの下書きにはこれ!おすすめツール3選を紹介【全部無料】

ブログの下書きにおすすめのツールを3つ紹介します。

今回紹介するツールはすべて無料です。

simplenote

ブログの下書きにおすすめのツール一つ目は、「simplenote(シンプルノート)」です。

simplenote の強みは、「とにかくシンプルでサクサク動く軽さ」です。

simplenote の下書きイメージ

見ての通り超シンプルです。

simplenote のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  1. 無料
  2. とにかくシンプル
  3. アプリが軽いからストレス無し
  4. 自動保存機能あり
  5. 各デバイスでアプリがある
  1. 文字や文章の装飾ができない
  2. 画像・動画の挿入不可
  3. Windowsアプリに少し不具合有り

装飾や画像の挿入はWordPressでやればいいのでデメリットというほどではありませんが、使う前に把握しておきましょう。

windowsアプリで画面が真っ白になって再起動が必要になることがあります。
データが消える心配はありませんが、使用前に把握しておきましょう。

Simplenote公式サイト

Googleドキュメント

ブログの下書きにおすすめのツール二つ目は、「Googleドキュメント」です。

Googleドキュメントの強みは、無料にも関わらずWordに劣らない機能を持っている点です。

Googleドキュメントの下書きイメージ

Googleドキュメントのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  1. 無料
  2. シンプル
  3. パソコンにインストール不要
  4. パソコンでが壊れてもデータが消えない
  5. 自動保存機能有り
  • ブロック装飾はできない
  • ネット環境がないと一切使えない

ネット環境がないと使用できないことくらいが唯一のデメリットでしょうか。

携帯やWi-fiの電波も届かないようなところでは、WordPressにアクセスもできないので他のツールを使用するしかないです。

Googleドキュメント公式サイト

純正アプリケーション(Macユーザー)

ブログの下書きにおすすめのツール三つ目は、「純正アプリケーション」です。

主にパソコンはMacを使い、携帯はiPhoneを使う人におすすめです。

iCloudで同期ができるからです。

私はWindowsユーザーなのでクラウド機能のないメモしか使えませんが、ブログのアイデアなどをメモしておくだけなら純正のアプリケーションでも良いです。
それならsimplenoteかGoogleドキュメント使えばいいじゃん。というのが私の意見です。

おまけ:WPS Office2 Writer(Microsoft office互換ソフト)

おまけとして紹介したいの「WPS Office2 Writer(Microsoft office互換ソフト)」です。

格安で使えるWordという認識で大丈夫です。

わざわざ買ってまで使いましょう。とはおすすめできない(無料の下書きツールで十分だから)ので「おまけ」として紹介します。

私が使っている下記の格安デスクトップパソコンに無料でついてきました。

楽天レビューを確認してもらえばコスパの高さや中古パソコンって大丈夫なの?という不安は消えます。

実際に使ってみた感想を一言で言うと「Wordじゃん。」です。

購入したパソコンにおまけでWPS Office2がついてきた人は是非使ってください。

つみたてちゃん

仕事でOffice使ってますが、ぶっちゃけWPSで十分です。

私の下書きツールの使い方【WordPressブログには直接書かない】

私はブログを書くのに下書きツール「simplenote」を使っています。
※パソコンにツールをインストールしたくない人は、Googleドキュメントを使ってください。

WordPressに直接書かない理由は、「下書きが残らないから」です。

私は下書きツールに残しておいた記事の下書きをブログのリライト時に活用しています。

私の下書きツールの使い方を紹介します。

下書きツールにブログ用テンプレートを作る

上記画像は私が実際に使っているブログの下書きテンプレートです。

ブログ用の下書きテンプレートを作っておけば、スキマ時間を有効活用して下書きができます。

主に通勤時間や待ち合わせ時間を有効活用しています。

つみたてちゃん

毎回使うものだからテンプレート化しておくとさらに効率が上がります。

下書きテンプレートを埋めてブログ記事を執筆する

上記画像は、当記事を書くために実際に作ったブログの下書きです。

下書きがしっかりできていると効率よく記事が書けます。

自分の中で書く内容が整理されているからです。

体感ですが、下書きツールを使うようになってからブログ記事の執筆にかかる時間は半分になりました。

効率よくブログ記事を書くために下書きテンプレートを使っています。

下書きをリライトに活かす

初回の下書きをリライトに活かします。

リライト時のポイントは「リライト用の下書きを作る」です。

リライト用の下書きを作るのは、正しいリライトができるとは限らないからです。

リライトによって逆にSEO順位が下がってしまう時もあります。
SEO順位下がった時に初回の下書きが残っていれば戻すこともできますし、リライトの考え方の何が間違っていたのかも検討できます。

ブログはひたすらPDCAの繰り返しなので、データを残しておくために下書きは別々にしています。

PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルのことです。

ブログの下書きに困ったときの対処法

 ブログの下書きに困ったときの対処法も紹介します。

競合ブログを参考にする

ブログの下書きに困ったときは、競合ブログを参考にしましょう。

検索上位に表示されている競合ブログには、下書きのヒントがたくさん書かれているからです。

コピペでパクるようなことは絶対NGですが、競合ブログで学んだ内容に自分の解釈を混ぜれば立派なあなたの考えです。

ブログの下書きに困ったときは、競合ブログを参考にしましょう。

競合分析におすすめのツールは、「ラッコキーワード」です。
検索上位TOP10の見出し抽出機能が特におすすめです。

つみたてちゃん

検索上位を取れてるブログの考え方は、絶対参考にするべきです。

ツールから離れ、紙にアイデアを書き出してみる

ブログの下書きに困ったときは、ツールではなく紙にアイデアを書き出してみましょう。

書き出す媒体が変わるだけで新しいアイデアが出てくることがあるからです。

私もsimplenote以外にアイデアを殴り書きするために、メモ帳を常に持ち歩いています。

ブログ の下書きに困ったときは、ツールではなく紙にアイデアを書きだしてみましょう。

Twitterのアンケート機能を使ってブログ仲間に聞いてみる

ブログの下書きに困ったときは、Twitterのアンケート機能を使ってブログ仲間に聞いてみるのも有効です。

ブログ仲間から「生の声」が聞けるからです。

私も過去にアンケート機能を使って、ブログ仲間に助けてもらったことがあります。
「生の声」は本当に参考になります。

ブログの下書きに困ったときは、Twitterのアンケート機能を使ってブログ仲間に聞いてみるのも有効です。

つみたてちゃん

ブログ仲間の存在は本当に大きいです。
モチベーションを高め合うこともできます。

下書きに困っても自分の書きたいことを書くはダメ

ブログの下書きにどんなに困っても、「書きたいことを書く」はNGです。

読者さんのニーズに応えるブログ記事を書くために下書きをしているのに、困ったからと自分の書きたいことを書いては無意味だからです。

悩みを解決する記事を書くために下書きが必要→読者さんの悩みがイメージできない→好きなこと書くか。
本質からずれてしまっているのでやめましょう。

ブログの下書きにどんなに困っても、「書きたいことを書く」のはやめましょう。

つみたてちゃん

自己満ブログでは読者さんのニーズは満たせません。

まとめ:ブログを書くときは、下書きツールを使ってデータを残そう

今回は、無料で使えるブログにおすすめの下書きツールを3つとおまけを1つ紹介しました。

ブログを書くときは、今回紹介したツールを使って下書きをしましょう。

記事執筆を効率化できることはもちろん、読者さんにとって読みやすい記事を書けるだけでなく、データとして残るのでリライトにも役に立ちます。

下書きツールを使う一手間であなたのブログは格段に良いものになり、アクセス・収益UPにつながります。

是非実践してみてください。

ブログ収益化マニュアルは、ブログ収益化までの流れを完全マニュアル化【正しい努力を継続する】で解説しています。

つみたてちゃん

本日は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が良かったらシェア、フォローしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

副業ブロガー・副業WEBライターのつみたてちゃんです。
王道SEO対策・ライティングスキル・SNS発信を中心にブログ初心者が収益化を達成するためのノウハウをマニュアル形式で発信しています。
ブログ開始2カ月で収益化達成、Twitterフォロワー数約1000人達成。

目次
閉じる