ブログネタの探し方を完全解説。【初心者のネタ切れを一発解決】

  • URL Copied!
お悩み人

ブログネタの探し方がわかりません。
ネタ切れでブログ記事が書けません。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・そもそもブログのネタとは?
・ブログのネタがない3つの原因と解決方法
・具体的なブログネタの探し方

・ネタ探し以外でブログ初心者がやるべきこと

ブログを始めたばかりだと、ブログのネタに困りますよね。

私もブログを始めたばかりの頃はブログネタの探し方がわからなくてすごく苦労しました。

でも、ブログネタは探し方の本質さえしっかり学べばネタ切れになる心配はありません。

本記事ではブログネタの探し方、ネタがないの根本的な解決方法を解説します。

目次

そもそもブログのネタとは?

ブログのネタとは?
お悩み人

そもそもブログのネタって何ですか?
自分が書きたい内容でいいんですよね?

つみたてちゃん

ブログのネタとは、「誰かに必要とされる内容」と考えてください。

誰かに必要とされる内容とは具体的には下記の3つです。

  1. 面白い話
  2. 珍しい体験談やエピソード
  3. 役に立つ知識やノウハウ

上記の3つの中でブログのネタにすべきは「役に立つ知識やノウハウ」です。

面白い話はブログで書くにはハードルが高いです。
珍しい体験やエピソードも実際に体験しないと書けない話でハードルが高いです。

ブログネタ=役に立つ知識やノウハウ

ブログネタ=役に立つ知識やノウハウと考えてください。

人の役に立つ知識やノウハウなどないと心配する必要はありません。

知識やノウハウは努力をすれば誰でも身につけられるからです。

さらにどんな知識やノウハウに需要があるのかもSEOキーワードを調査することでわかります。

当ブログではブログの収益化を目指す人の役に立てる知識やノウハウを記事にしていますが、私がブログを始めたときにはブログ運営の知識やノウハウは0でした。

ブログネタ=役に立つ知識やノウハウと考え発信しましょう。

自己満記事はブログネタにならない

自分が書きたいだけの内容はブログネタになりません。

誰かの役に立つ内容になりづらいし、SEO検索で上位に表示されないからです。

芸能人やアイドルのように存在自体が誰かにとって有益であれば自己満ブログでも大丈夫ですが、私のような一般人にはまず無理です。

収益化を目指してブログを書いているなら、自己満記事を書くのはやめましょう。

つみたてちゃん

ブログネタの本質を誤解したままだとブログの収益化は難しいです。

【ブログのネタがない】3つの原因と解決方法

ブログのネタがない原因と解決方法
お悩み人

ブログのネタがない、、、と悩む原因と解決方法はありますか?

つみたてちゃん

原因は3つあって、全部解決できます。

ブログのネタがない原因は下記の3つです。

  1. ブログのテーマ(コンセプト)が決まっていない
  2. ブログで扱うテーマに関する知識が足りていない
  3. ブログネタを探す努力をしていない

解決方法と一緒に順番に解説していきます。

原因①:ブログのテーマ(コンセプト)が決まっていない

ブログのネタがない原因の1つ目は、「ブログのテーマ(コンセプト)が決まっていない」です。

ブログネタ=役に立つ知識やノウハウなので、コンセプトが決まっていないとブログネタを探せないからです。

ブログはテーマ選びが全てと言われるくらいに、テーマの重要性は高いです。

テーマが決まっていないと、ブログのネタがない状況になるだけでなく収益化も難しいです。

解決方法:誰に、どんな内容を、どうやって伝えていくのかをしっかり決める

解決方法は非常にシンプルで「誰に、どんな内容を、どうやって伝えていくのか」を決めればOKです。

当ブログでは「ブログ初心者に、ブログ運営に役立つ方法を、SEO✖️SNS」で伝えていくと決めて運営しています。

ブログのテーマがまだ決めきれていない方は、【超重要】ブログはテーマの決め方で全てが決まる!稼げないブログになる前にで詳しく解説しているので参考にしてください。

原因②:ブログで扱うテーマに関する知識が足りていない

ブログのネタがない原因の2つ目は、「ブログで扱うテーマに関する知識が足りていない」です。

ブログネタ=役に立つ知識やノウハウなので、ブロガーに知識がなければアイデアが出てこないからです。

私は当ブログを始めたとき知識が完全に0だったので、アイデアも全く出てこなく完全にネタがない状況でした。

ブログは文章と画像などだけで読者さんに情報を伝えなければいけないので、知識量がなければブログネタがない状況になりやすいです。

解決方法:インプットで知識量を増やす

解決方法は「インプットで知識量を増やす」のみです。

自分が発信するブログテーマに関する本などを読みまくりましょう。

私はブログを始めてすぐに圧倒的なインプット不足を痛感したので、SEO対策の本などをひたすら読みました。

原因③:ブログネタを探す努力をしていない

ブログのネタがない原因の3つ目は、「ブログネタを探す努力をしていない」です。

ブログネタのアイデアは、自然と思い浮かぶものばかりではないからです。

ブログの想定読者さんがどんな悩みを抱えているかをブロガー自身が積極的に調査したり、イメージする必要があります。

解決方法:キーワード調査やマインドマップを使ってイメージする

解決方法は「キーワード選定やマインドマップを使ってイメージする」です。

キーワード選定については後述するので、マインドマップでのイメージ方法を紹介します。

マインドマップでの読者さんのニーズ想定

画像のように自分が扱うテーマのトピックから考えられる読者さんの悩みを大→小の順番で書き出していきます。

記事のターゲットとする読者さんは「顔がイメージできる人」にするとネタが思い浮かびやすいです。

上記の作業をペルソナ設定といい、読者さんの心に刺さる記事を書くには大事な作業です。

ペルソナ設定については、【ブログ版ペルソナ】設定手順は3ステップ!アクセス&収益を増やすで詳しく解説しています。

【本質】ジャンル問わず使えるブログネタの探し方4選

ジャンル問わず使えるブログネタの探し方4選
お悩み人

具体的なブログネタの探し方を教えてください。

つみたてちゃん

ブログのテーマに関わらず使えるブログネタの探し方4選を解説します。

具体的なブログネタの探し方は下記の4つです。

  1. SEOキーワードからブログネタを探す
  2. 競合ブログのブログネタを参考にする
  3. 自分が買ったものをブログネタにする
  4. 日々の出来事をブログネタになるかもという視点で見る

順番に解説します。

探し方①:SEOキーワードからブログネタを探す

具体的なブログネタの探し方1つ目は、「SEOキーワードからブログネタを探す」です。

SEOキーワード選定という作業でブログネタをストックします。

SEOキーワード=検索ユーザーからの需要だからです。

自分が知りたい情報があるときにGoogleで「ブログ 書き方」のように検索しますよね?

「ブログ 書き方」のようなSEOキーワードがそのままブログネタになります。

キーワードツールを使ってSEOキーワード選定をする

ブログ神ツール11選の1つである「ラッコキーワード」という無料ツールを使えばかんたんにSEOキーワードが把握できます。

例えば、ラッコキーワードで「ブログ 書き方」と調べてみます。

ラッコキーワードでブログネタを探す方法

上記に出ているキーワードは「ブログ 書き方」とよく一緒に検索されているSEOキーワードです。

つまり、検索ユーザーが欲しい情報をどんなキーワードで検索しているかがわかります。

ラッコキーワードで調べたキーワードがそのままブログネタになると考えてください。

Googleキーワードプランナーで検索ボリュームと競合性を調べる

ラッコキーワードで調べたキーワードをGoogleキーワードプランナー(Google広告内のツール)でさらに深く調べます。

キーワード毎の需要と難易度を調べるためです。

先ほど説明したラッコキーワードで把握したSEOキーワード群をコピーして、キーワードプランナーで調べると下記のようなデータが取れます。

Googleキーワードプランナーでブログネタをふるいにかける

月間検索ボリューム量の予想や競合性がわかるので、ブログ初心者が狙うべきSEOキーワードがわかります。

ざっくり説明すると、検索ボリュームが多く競合性が低いロングテールキーワードを狙うべきです。

ロングテールキーワードとは、3語以上の単語で作られるキーワードのことです。
具体的には「ブログ 書き方 テンプレート」などです。

目ぼしいキーワードをネタ帳にストックする

ここまでの作業で調べたSEOキーワードをネタ帳にストックしておきましょう。

ネタ帳は手書きのノートでもいいし、アプリでもいいし、マインドマップでもなんでもいいです。

参考までに私はマインドマップの「Mindmeister」を使っています。

クラウド型のマインドマップなので、スマホからもパソコンからもネタ帳を確認できます。

上記の流れがブログネタの探し方の基本であり、中心です。

ざっくりと説明しましたが、この流れを繰り返していけばブログのネタ切れという状態はほぼありません。

逆にこの作業をやり切ったのであれば、既にブログの収益化が達成されているでしょう。

SEOキーワード選定については、【ブログ】キーワード選定のコツを解説【ここを間違えると挫折する】で詳しく解説しています。

探し方②:競合ブログのブログネタを参考にする

具体的なブログネタの探し方の2つ目は、「競合ブログのブログネタを参考にする」です。

自分がイメージできなかったキーワードを競合ブログが発見している可能性があるからです。

キーワードの取りこぼしは読者さんのニーズを見逃していることになり非常にもったいないです。

取りこぼしを防ぐために定期的に競合ブログのリサーチを行いましょう。

特にブログ初心者のうちは、SEO上位のブログは徹底的に読みまくって参考にしましょう。

記事の内容をコピペして丸パクリするような行為は絶対NGです。

競合ブログの調査についてはブログ初心者こそ競合分析!学ぶべきポイント4選を徹底解説!で詳しく解説しています。

探し方③:自分が買ったものをブログネタにする

具体的なブログネタの探し方の3つ目は、「自分が買ったものをブログネタにする」です。

実際に購入した人のレビューはすごく貴重で参考になるからです。

メリット・デメリット・ベネフィット・競合商品との比較などを徹底的にリサーりしてレビュー記事にしましょう。

良かったものだけでなく、悪かったものも紹介するのがおすすめです。

悪かったものを紹介するときには、代わりにおすすめできる商品を紹介するようにしましょう。

商品・サービスを紹介する記事で重要になるセールスライティングについては、アフィリエイトブログの書き方!テンプレートでかんたん攻略!で詳しく解説しています。

探し方④:日々の出来事をブログネタになるかもという視点で見る

最後の4つ目は、ブログネタの探し方と言うより心構えです。

生活していて体験することをブログネタになるかも?という点で見るようにしましょう。

例えば、今までと別の地域に引っ越して、転職もした場合などはブログネタの宝庫です。
・不動産屋との交渉の仕方
・新居の選び方
・引っ越し業者の決め方
・新居に引っ越して最初にやるべきこと
・引っ越し後に役所で取る手続き
・単身者(3人家族)におすすめの家電
・賃貸物件でもできるDIY
・退去時を考えてやらない方がいいこと
などなど

上記は思いつきですが、これから引っ越しをする人にとってすごく役に立つブログになります。

上記のようにただ生活しているだけのように思えても、これからその出来事を体験する人にとっては貴重な体験談になる可能性があります。

日々自分が経験することが誰かの役にたつかもしれない=ブログネタになるかもしれないと意識して生活するのはおすすめです。

つみたてちゃん

私が当ブログを始めたきっかけも私がリアルに体験した悩みがそのまま誰かのこれから悩むことになるかもしれないと思ったからです。

ネタ探し以外でブログ初心者がやるべきこと

ネタ探し以外でブログ初心者がやるべきこと
お悩み人

ブログのネタ探し以外に日々やるべきことってありますか?

つみたてちゃん

私がブログのネタ探し以外に日々意識していることは4つあります。

ネタ探し以外でブログ初心者がやるべきことは下記の3点です。

  1. ブログの運営ノウハウを学ぶこと
  2. ブログだけでなくSNSを育てること
  3. 記事は書きっぱなしではなく、リライトをすること
  4. とにかく継続すること

順番に解説します。

やるべきこと①:ブログの運営ノウハウを学ぶこと

ブログの収益化を目指す以上、ブログの運営ノウハウは絶対学ぶべきです。

特に学ぶべきは、SEO対策についてです。

ブログ収益化の達成にはGoogleで上位表示されることが必須であり、そのためにはSEO対策が必須だからです。

読者さんにとって有益な記事を書くのが最優先ですが、どんなに有益な記事も読者さんの目に触れる機会がなければ無意味です。

時間をかけて必死に書いた有益な記事を読者さんに届けるためにも、テクニックとしてSEO対策を学びましょう。

SEO対策については、ブログのSEO対策はしてますか?初心者は【チェックリスト】で攻略で詳しく解説しています。

やるべきこと②:ブログだけでなくSNSを育てること

SEO対策と同じくらい力を入れるべきが、SNSを育てることです。

SNS集客はGoogleでSEO上位を取れていなくてもブログのアクセスを増やせるからです。

Google検索でユーザーに見られる可能性があるのはせいぜい上位20位までです。
SNSはフォローさえしてもらえればタイムラインにあなたの発信が流れ、アクセスしてもらえる可能性があります。

ブログ開設から数ヶ月はSEOからのアクセスが0なんてことは普通にあるので、特にSNSでのブログ集客がブログ継続の鍵になります。

SEO集客が増えてくるとSEO✖️SNSはさらに相乗効果を生むので、ブログだけでなくSNSも育てましょう。

ブログのSNS集客については、ブログ×SNSで集客を成功させる【”違い”を理解して運用しよう】で詳しく開設しています。

やるべきこと③:記事は書きっぱなしではなく、リライトすること

やるべきことの3つ目は、記事をリライトすることです。

ブログの収益化を目指す上で絶対に必要な作業です。

初めて書いた記事がSEO上位を取ることがありえないからです。

記事の読みやすさ、SEO対策、内部リンク、アフィリエイトリンクなどなどブログ開設初期に書いた記事ほどリライトが必要です。

書いた記事のSEO順位をチェックし、課題を見つけ、リライトする。この流れを継続しない限りブログ収益化は達成できません。

書いた記事が書きっぱなしではなく、必ずリライトしてください。

リライトについては、【注意】ブログのリライトの正しいやり方を解説【SEO順位を改善】で詳しく解説しています。

やるべきこと④:とにかく継続すること

一番大切なことです。とにかく継続してください。

ただ続けるだけでなく、正しい努力を継続してください。

仕事をしている人はわかると思いますが、会社からもらうお給料をあげることってすごく大変ですよね?

1ヶ月や2ヶ月でお給料は上がりますか?ほとんどの人が上がらないと答えると思います。

必死に仕事して、資格をとって、会社に長く勤めて、お給料が上がるための正しい努力を積み重ねて昇給していきます。

しかし、なぜかブログになると正しい努力もしない、継続もしないで辞めてしまう人ばかりです。

ブログはネット環境さえあれば誰でも始められるローリスクな副業ですが、目指すのは立派にお金を稼ぐことです。

私も副業ブロガーなので仕事との両立が大変なのはわかります。

だからこそ、正しい努力をとにかく継続しましょう。

つみたてちゃん

熱い想いを持って一緒にがんばりましょう!

参考までにブログネタ一覧

【参考】ブログネタ一覧
お悩み人

ブログネタの探し方ややるべきことはわかりました。
最後に参考までにブログネタ一覧を教えてください。

つみたてちゃん

参考までにですが、ブログネタになりうる一覧を紹介します。

私ならこんなことをブログネタにする・しているの一覧は下記の通りです。

  1. 商品レビュー(口コミ)
  2. ASPの商品
  3. まとめ記事
  4. 競合サイト・ブログの記事
  5. 仕事・スキル
  6. 趣味
  7. 経験談・体験談
  8. 悩み
  9. 資格取得までの過程
  10. 時事ネタ(テレビ・新聞・Twitter)

ざっとかんたんに紹介します。

その①:商品レビュー(口コミ)

商品レビューは絶好のブログネタです。

  • 使用感
  • メリット・デメリット・ベネフィット(買うことで得られる利益)
  • 商品注文から使用開始までの流れ
  • どんな人におすすめで、どんな人にはおすすめじゃないか
  • 買って後悔した商品と代用商品の紹介

上記のような情報はこれから商品を購入する人にとってすごく貴重な情報です。

また、スマホでオリジナルの写真を載せれば独自性の高いコンテンツとGoogleから高く評価される可能性もあります。

さらにレビュー記事には直接アフィリエイトリンクを掲載できるので、収益にもつながりやすいです。

ただし、収益記事は競合も多くSEO上位が取りにくいのでブログ初心者は注意してくださいね。

その②:ASPの商品

登録しているASPに掲載されている商品広告もブログネタになります。

セルフバックを使ってお得に購入してみて、商品レビュー(口コミ)記事を書く流れがおすすめです。

ASPの中には審査がなく登録するだけで広告が掲載できるようになるASPもあります。

ブログ初心者におすすめのASPについては、【初心者向け】アフィリエイト初心者におすすめのASPサービス4選で詳しく解説しています。

その③:まとめ記事

これまで書いてきた記事をジャンルごとにまとめた「まとめ記事」もブログネタになります。

例えば、当ブログでは下記のような記事がまとめ記事になります。
ブログの収益化までを完全マニュアル化【14のステップを継続せよ】

読者さんにとって1つの記事でたくさんの情報を得られるので読者さんにとってもメリットがあります。

また、まとめ記事に各記事の内部リンクを貼ると下記のようなメリットがあります。

  • 読者さんのブログへの滞在時間(回遊率)が上がる
  • Googleのクローラーがブログを巡回しやすくなる

上記はブログのSEO面でのメリットになります。

その④:競合サイト・ブログ記事

競合サイト・ブログ内にも自分が見つけられていないブログネタがある可能性が高いです。

必ず定期的に競合サイト・ブログはチェックしてください。

競合サイト・ブログでは下記のことを参考にしてください。

  • どんなキーワードで記事を書いているか
  • ブログ内にどれだけ記事が用意されているか
  • どんなカテゴリーを用意しているか
  • 競合がやっていなくてめんどくさそうなこと

自分がマネできると思ったことはどんどんマネして吸収しましょう。

参考にするのはいいですが、コピペして丸パクリは絶対にNGです。

その⑤:仕事・スキル

仕事内容や自分の持っているスキルは専門性の高いブログネタになります。

具体的には下記のような内容です。

  • 経理(会計知識やエクセルの使い方)
  • アパレル
  • 医療
  • 美容関係
  • プログラミング
  • 動画編集
  • デザイン

上記に該当しなくても自分が毎日仕事でやっていることは他人にとって専門性が高いことはよくあります。

ブログを通じてアウトレットすることで自分自身のさらなる成長にもつながるのでおすすめです。

その⑥:趣味

趣味もブログネタとして非常に有効です。

一番のメリットは自分の好きなことなのでブログを運営するのを心から楽しめる点です。

好きなことをブログにして収入を得られたら最高ですよね。

ただし、記事が書きやすい分競合が多いケースがほとんどです。

競合との差別化やより有益な情報を読者さんに提供できるよう心がけましょう。

その⑦:経験談・体験談

これまでの人生で経験してきたこと・体験してきたこともブログネタになります。

具体的には下記のような内容です。

  • お金の成功談・失敗談
  • 恋愛の成功談・失敗談
  • 就職活動の成功談・失敗談
  • 自分のコンプレックスと向き合い方

特に失敗談を乗り越え方とセットで発信してあげると今まさに苦しんでいる人にとって非常に大きな心の支えになります。

苦しんでいた頃の自分に向けて優しく話しかけてあげるように記事を書くと読者さんに想いが伝わりやすくなります。

その⑧:悩み・病気

ブログネタという表現はしたくありませんが、自分の抱えている・抱えていた悩みや病気について発信することは誰かの支えになれる可能性が高いです。

私は運営している美容関係の特化ブログで自分のコンプレックスやコンプレックスに対する向き合い方を発信していますが、同じ悩みを持つ人から感謝のDMをたくさんいただきます。

SNSなどを通じて同じ悩み・病気に立ち向かう仲間もできます。

自分が立ち直れた経験があるなら誰かの役に立てる可能性が積極的に発信しましょう。

その⑨:資格取得までの過程(勉強したいこと)

資格取得など今はまだ身についていないけど、これから頑張りたいこともブログネタになります。

成長していくリアルな姿を読者さんに届けられるからです。

自分が日々とりくんでいることを記事にしつつ、達成できたときにはやってきたことのまとめとして記事にする。

これから同じことを始めようとする人にとって、とても貴重なブログになります。

その⑩:時事ネタ(テレビ・新聞・ニュース・Twitterのトレンド)

最後のブログネタは時事ネタです。

一言で言えばトレンドですね。

芸能人の交際ニュース・オリンピック・パラリンピックのメダリストの経歴・新発売の家電情報などなど人気の話題をブログネタにします。

スピード感、情報の信頼性、著作権の問題など注意する点もありますが、話題になっている=需要があるのでブログネタとしては取り入れる価値があります。

以上が参考までのブログネタ一覧です。

つみたてちゃん

他にもここでは紹介しきれないほどたくさんブログネタがあります。

まとめ:ブログネタの探し方さえわかれば、ネタ切れはありえない

今回は、ブログネタの探し方を解説しました。

ブログネタは探し方の本質さえわかればネタ切れという状況はありえません。

ネタ切れになるほど、ブログで記事を書いたのであればおそらく既にブログで収益化が達成できているはずです。

それでもブログの収益化ができていないのであれば、ブログへの取り組み方にミスがあるはずです。

ブログ初心者であれば下記のことを学びながらひたすら記事を書きましょう。

つみたてちゃん

本日は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が良かったらシェア、フォローしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

副業ブロガー・副業WEBライターのつみたてちゃんです。
王道SEO対策・ライティングスキル・SNS発信を中心にブログ初心者が収益化を達成するためのノウハウをマニュアル形式で発信しています。
ブログ開始2カ月で収益化達成、Twitterフォロワー数約1000人達成。

目次
閉じる