【超重要】ブログはキーワードが命。無料ツール2選でSEO対策を

  • URL Copied!

【超重要】ブログはキーワードが命。無料ツール2選でSEO対策を

お悩み人

ブログではキーワードが超重要と聞くけど、キーワードの探し方とか選び方がわからない。
おすすめのツールがあれば知りたい。

こんな悩みを解決します。

記事の内容

・キーワードの重要性
・ブログで使えるキーワードツール 選
・キーワードの探し方
・キーワードの使い方
・キーワードの入れ方

ブログはキーワードが命です。

理由は超シンプルで、正しいキーワードを選んでブログを書かないと読者さんに記事が読まれないからです。

正しいキーワードを選ぶことでSEO順位が上がり、読者さんにブログ記事が届きます。

逆に、キーワードを適当に選んで一生懸命記事を書いているなら本当にもったいないです。

私もブログを始めたての頃は、キーワードについてすごく悩みました。
どうやって探し、何を基準に選び、どうやってブログに入れるのかわからないことだらけでした。

しかし、キーワードツールを知り、いくつかのポイントを抑えた今ではキーワードに悩むことはほとんどありません。

本記事を読めば、おすすめのキーワードツールと抑えるべきポイントをしっかりと理解でき、ブログのキーワード選びで悩むことはなくなります。

是非参考にしてください。

キーワード選びで成果が出てるかどうかは、「Rank Tracker」で確認するのがおすすめです。

目次

【前提知識】ブログにおけるSEOキーワードの重要性とは?

ブログにおいて、SEOキーワードは命です。

正しいSEOキーワードを選ばないとブログに読者さんを集められないからです。

SEOキーワードとは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索する語句のことです。
例えば、「キーワード選定 ツール おすすめ」や「ブログ SEO対策」などです。

私もブログを書く上でSEOキーワードを一番大事にしています。

そんなブログを運営する上で命と言えるSEOキーワードですが、探し方や選び方にはポイントがあります。

まずはSEOキーワードを探すのに必須のキーワードツールを紹介します。

ブログ運営に必須のキーワードツール2選

ブログ運営に必須のキーワードツールは下記の2つです。

1 ラッコキーワード
2 Googleキーワードプランナー

それぞれのキーワードツールの具体的な使い方については、後で詳しく解説します。

まずは、それぞれのキーワードツールを何に使うかをかんたんに解説します

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、無料で使える超有料級キーワードツールです。

ラッコキーワードは下記の3つの調査に使います。

サジェストキーワードの調査に使う

ラッコキーワードの使い方1つ目は、サジェストキーワードの調査に使うです。

サジェストキーワードとは、Googleなどの検索エンジンがユーザーに対して提案するキーワードのことです。
ほとんどの場合、検索窓で文字を入力していると自動でサジェストキーワードが出てきます。

上記画像がサジェストキーワードです。

SEO上位ブログの見出しの調査に使う

ラッコキーワードの使い方2つ目は、SEO上位ブログの見出し調査に使います。

例えば、「ブログ 収益化」というキーワードでGoogle検索をしたときにTOP20まで表示されるブログの見出しを一気に調査することができます。

見出しは必須SEO対策の1つなので、競合の見出し調査を無料ツールで行えるのは最高です。

共起語の調査に使う

ラッコキーワードの使い方3つ目は、共起語の調査に使います。

共起語とは、選んだキーワードと一緒に利用されるキーワードのことです。
例えば、「WordPress ブログ」というキーワードの共起語は「サーバー」「ドメイン」「テーマ」になります。

共起語を使ってブログを書くとSEO順位があがりやすくなります。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供するツールです。

有料版もありますが、無料でも十分な機能を使えます。

Googleキーワードプランナーでは、下記の2つの調査に使います。

キーワードの月間検索ボリュームの調査に使う

Googleキーワードプランナーの使い方1つ目は、月間検索ボリュームの調査に使います 。

月間検索ボリュームとは、選んだキーワードがGoogleで1カ月にどれくらい検索されているかを指します。

無料版では、100-1000、10-100のようにざっくりとしか把握できませんが、ざっくり把握できれば十分です。

月間検索ボリュームの多いキーワードは、それだけ検索需要の多いキーワードになります。

キーワードの競合性の調査に使う

Googleキーワードプランナーの使い方2つ目は、 キーワードの競合性の調査に使います。

キーワードの競合性は、キーワードプランナーで「中」「低」などと表示され、キーワードで検索上位を取る難易度を示してくれます。

検索ボリュームが高いにも関わらず、キーワードの競合性が低いキーワードであれば「チャンスのあるキーワード」と判断できます。

ツールを使ったSEOキーワードの探し方

ツールを使ったSEOキーワードの探し方を解説します。

3ステップでかんたんにできるので、ブログのアクセス・収益をUPさせたい人は絶対にやりましょう。

STEP
ブログのジャンル・テーマに関連するキーワード候補を考える
STEP
ラッコキーワードを使ってサジェストキーワードを調査する
STEP
Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調査する

流れは把握できましたか?

順番に解説していきます。

STEP①:ブログのジャンル・テーマに関連するキーワード候補を考える

まずはブログのジャンル・テーマに関連するキーワード候補を考えます。

思いつきでアイデアを出しましょう。最初のおすすめとしては「〇〇 初心者」が良いです。

自分が扱うブログのジャンル・テーマを「これから始める人」や「始めたばかりの人」に向けたキーワードが探せるからです。

例えば、一眼レフカメラで写真を撮るのが好きな人がカメラのブログを始めるとしたら、、、
「カメラ 初心者」です。

最初は思いつきでいいのでキーワードツールで調査をするキーワード候補を考えて、メモなどに書きだしましょう。

STEP②:ラッコキーワードを使ってサジェストキーワードを調査する

STEP①で書き出したキーワードをラッコキーワードに入力し、サジェストキーワードを調査します。

サジェストキーワードは、キーワードを検索するユーザーさんが欲しい情報そのものだからです。

サジェストキーワードが調査できたら全てをコピーしておきます。次のSTEPで使います。

STEP③:Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調査する

STEP②でコピーしておいたサジェストキーワードをGoogleキーワードプランナーに入力し、検索ボリュームを調査します。

サジェストキーワードの中でより検索需要の高いキーワードを把握できるからです。

Googleキーワードプランナーで調査したキーワードを検索ボリューム順に並び替えてCSVで保存しておきましょう。

上記のキーワードの中からキーワードを選んで記事を書きます。

朗報です!
キーワードツールを使ってキーワード調査を行ったあなたは「ブログのネタがない。」状況に陥ることはありません。

※むしろ書ききれるか不安になるくらいです。笑

つみたてちゃん

こんなキーワードがこれだけ検索されてますよ。って情報を先にゲットしたんです。
あとはキーワードを選んで、読者さんのニーズに全力で答えていきましょう。

ブログ記事で狙うSEOキーワードの選び方

キーワードツールを使って検索需要の高いSEOキーワードを探す方法がわかったので、キーワードの選び方について解説します。

ブログ記事で使うSEOキーワードも3ステップで選べます。

STEP
検索ボリュームが多く、競合性の低いキーワードから選ぶ
STEP
キーワードをブログ集客用と収益用にわける
STEP
実際にGoogleでキーワードを検索してみる

順番に解説します。

検索ボリュームが多く、競合性の低いキーワードから選ぶ

ブログを始めたばかりの頃は、「 検索ボリュームが多く、競合性の低いキーワード 」を選びましょう。

ブログのSEOパワーが弱くても、上位表示されるチャンスがあるからです。

キーワードツールで調査したキーワードリストから選びましょう。

上記画像の赤枠のように、月間10-100件の検索ボリュームが見込めて、競合性も低いキーワードがブログ開設初期に積極的に書くべきキーワードです。

検索ボリュームもあって競合性も低いキーワードは、ロングテールキーワードによくある特徴で個人ブロガーが狙うべきキーワードです。

ロングテールキーワードが狙い目

個人ブロガーにとって、ロングテールキーワードは狙い目です。

ブログを始めたばかりのブログ初心者でもSEO順位で上位を取れる可能性があるからです。

ロングテールキーワードとは、複数の単語がくっついて作られるキーワードを言います。

3語以上のロングテールキーワードが穴場になりやすいので狙っていきましょう。

基本的に少ない単語で作られる「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」は法人サイトやトップブロガーが激しく上位を争っています。

検索ボリュームは多いが競合性も高い

ブログを始めたばかりで挑戦してもまず勝ち目はありません。

まずは、検索ボリュームがあって競合性の低いロングテールキーワードから狙いましょう。

つみたてちゃん

ブログは最短距離で駆け抜けようとすると挫折します。

競合の多いビッグ・ミドルキーワードは内部リンクで評価を高める

画像

ある程度ブログに記事が増えたら、ツールで調査しておいたビッグキーワードやミドルキーワードでも記事を書きましょう。

ビッグキーワードやミドルキーワードは検索ボリュームが多く、上位表示できるようになればアクセス・収益のUPが見込めるからです。

ビッグキーワード・ミドルキーワード記事の評価を上げるコツは「村作りを意識する」です。

どれだけ大きな敷地の村でも、村人やお店が少なければ人気はでません。
ロングテールキーワードを村人や商業施設と考え、ビッグ・ミドルキーワードに少しずつ集めることでGoogleからの評価を上げていきます。

法人サイトのようにお金をかけるのは難しいので、ロングテールキーワードを内部リンクで集め少しずつ評価を高めていきましょう。

つみたてちゃん

ビッグ・ミドルキーワードの記事を書いたときは、SNSで発信するのが効果的です。

キーワードをブログ集客用と収益用にわける

ツールの調査結果からチャンスのあるキーワードを見つけたら、「集客用」と「収益用」に分けましょう。

キーワードの分け方は、下記のようにイメージです。

ブログ集客用キーワード
ブログ収益用キーワード
  • 「カメラ 初心者 撮り方」
  • 「カメラ おすすめ 撮影スポット」
  • 「カメラ 手入れ 方法」

知識や情報を読者さんに提供する。

  • 「カメラ 初心者 おすすめ」
  • 「カメラ 撮り方 本」
  • 「カメラ おすすめ レンズ」

具体的な商品やサービスを紹介する。

ブログ初心者はまず「ブログ集客用キーワード」に力をいれましょう。

ブログ集客用キーワードで読者さんからの信頼を得る

ブログ集客用キーワードで書く記事は、読者さんからの信頼を得る記事です。

読者さんが「知識や情報収集のために検索しているキーワード」だからです。

特定の商品やサービスを紹介する記事ではないので、直接収益には繋がりません。

しかし、上記のようなキーワードは競合性が低くSEO順位で上位を取りやすいです。

まずはブログにアクセスを得られるようにする必要があるので、ブログ初心者は集客用キーワードをたくさん書いて読者さんからの信頼を得ていきましょう。

ブログ収益用キーワードは、競合性が高い

ブログ集客用キーワードで書いた記事は、ダイレクトに収益が生まれます。

読者さんが購入を前提に検索しているからです。

しかし、収益用キーワードは競合性が高いのでブログ初心者がSEO順位で上位を獲得するのは難しいです。

競合性の低い集客用キーワードで信頼を得て、内部リンクで収益記事に誘導できれば収益につなげられます。

稼ぎたい気持ちはわかりますが、読者さんの信頼を得たブログだけが収益を得られるようになります。

Googleでキーワードを検索し、競合ブログを調査する

最後に Googleでキーワードを検索し、SEO順位がTOP1-10の競合ブログを調査しましょう。

競合ブログを調査する際は、 必ず 「 Googleアカウントをゲスト」にして検索しましょう。
※普段の検索を反映させないためです。

競合ブログの調査で見るべきポイントは下記の2つです。

1 キーワードの難易度を調査する
2 上位サイトの共通点を調査する

キーワードの難易度を調査する

競合ブログ調査のポイント1つ目は、「キーワードの難易度調査」です。

個人ブログが戦えるキーワードかどうかを確認するためです。

キーワードツールで確認しておいた競合性だけでは、判断できません。

Googleでキーワード検索をして、最初のページに法人サイトしかない場合には難易度が高いと判断しましょう。
個人ブログがいくつかあれば、選んだキーワードで記事を書いてSEO上位を取れる可能性があります。

法人サイトしか表示されなかったキーワードに関しては、検索ボリュームが多ければ読者さんからのニーズがあるので記事は書かなければいけません。

しかし、優先順位としては後です。

つみたてちゃん

難易度は低いけど需要のあるキーワードでアクセスをしてもらい、内部リンクで難易度の高いブログへ誘導するのがベストです。

上位サイトの共通点を調査する

競合ブログ調査のポイント2つ目は、「上位サイトの共通点調査」です。

「上位サイトの共通点=記事に取り入れるべき点」だからです。

SEO順位が高い=正しいSEO対策が行えていると判断できるので、競合TOP10の共通点を調査するのは非常に重要です。

特に注意して見るべきポイントは 下記の3点です。

1 ブログのタイトル
2 ブログの書き出し(読者さんのニーズ想定)
3 ブログの見出し(読者さんのニーズに対する回答)

自分オリジナルの記事を書くのはもちろんですが、これからブログを育てていく段階ではSEO上位の競合ブログの共通点は絶対参考にするべきです。

SEO上位ブログの記事を丸パクリするのは絶対にNGです。

SEO効果を最大限にするブログ記事へのキーワードの入れ方

ここまででおすすめのキーワードツール2選とキーワードの探し方・選び方を解説してきました。

せっかくツールを使って良いキーワードを選べても、ブログに効果的にいれられなければSEO順位の上位を獲得できません。

ということで、SEOキーワードの効果的なブログ記事への入れ方を解説します。

キーワードを入れる場所は、下記の4箇所です。

1 ブログ記事のタイトル
2 H2見出し(H3見出し)
3 本文
4 メタディスクリプション

順番に解説します。

ブログ記事のタイトル

ツールで調査したキーワードは「必ずブログ記事のタイトルに入れましょう。

意識すべきポイントは下記の2つです。

1 キーワードはなるべく左に寄せる。
2 長さは32文字以内に設定する

例えば、「ブログ 収益化 難しい」というキーワードの場合

良いタイトル例

【悲報】ブログの収益化は難しい。たった1つの理由を徹底解説。
上記で30文字です。

悪いタイトル例

初心者がブログに3カ月挑戦してみた結果と感想です!収益化は難しいかもしれない。
上記で39文字です。

テクニックの話だけでもなく、読みたくなるブログのタイトルがどちらかは明らかです。

キーワードはなるべき左に寄せて、32文字以内のタイトルにしてください。

ブログのタイトルの決め方については、クリックしたくなるブログタイトルの付け方6選【SEO対策+αを】で詳しく解説しています。

H2見出し(不自然な場合にはH3見出し)

ツールで調査したキーワードは、「H2見出しに入れましょう。

意識すべきポイントは下記の2つです。

1 キーワードは自然に入れる
2 タイトルに合わせた見出しにする

例えば、「ブログ おすすめ パソコン」というキーワードの場合

良い見出し例

悪い見出し例

良い見出し例のイメージで見出しにキーワードをいれましょう。

ブログ初心者あるあるとして、SEOに効果があるならとH2にもH3にもキーワードを詰め込みまくる人がいます。

気持ちはわかりますが、ごちゃごちゃして読みづらいブログ記事になるのでやめましょう。

つみたてちゃん

私がH3見出しにキーワードを入れるのは、H2見出しにキーワードを入れると不自然になってしまう時です。
上記の場合は、無理にH2見出しにはキーワードをいれずH3見出しで自然にキーワードを入れてカバーします。

本文

ツールで調査したキーワードは、「本文にもに入れましょう。

意識すべきポイントは下記の2つです。

1 キーワードだけでなく共起語も入れる
2 キーワード+共起語は自然に入れる

キーワードだけでなく共起語も入れる

本文にはキーワードだけでなく共起語を一緒にいれましょう。

例えば、「ブログ 収益化」というキーワードの場合
アフィリエイト、クリック、WordPress、方法、必要、収入、報酬、初心者、副業などです。

上記をキーワードと一緒に本文に書いていきます。

共起語は「ラッコキーワード」で調査できます。

キーワード+共起語は自然に入れる

キーワード+共起語は本文にいれていきますが、H2見出しと同様に自然にいれましょう。

無理につめこむと読みづらいブログ記事になるからです。

記事の誤字脱字チェックでつっかえたり・くどさを感じない程度にいれるようにしましょう。

メタディスクリプション

キーワードツールで調査したキーワードは、「メタディスクリプションにもに入れましょう。

メタディスクリプションとは、Googleの検索結果でタイトルの下に表示されるブログ記事の概要です。

メタディスクリプションの書き方のポイントは下記の2つです。

1 記事内容を短くまとめる
2 100文字以内にまとめる

メタディスクリプションは、Googleの検索結果でブログ記事のタイトルの次に注目されます。

選んだキーワードを含めつつ、ざっくりと記事で主張したい内容を100文字以内にまとめましょう。

ツールで選んだキーワードのブログ記事への効果的な入れ方は以上です。

自然にキーワードをいれていけば、SEO効果も出るし読者さんも読みやすい記事が書けます。

つみたてちゃん

バランスがとても大事です。
SEO対策だけを気にしてはだめだし、読者さんが読みづらい文章になってもダメです。
意識的にキーワードを入れていって、公開前のチェックで削っていくのがおすすめです。

まとめ:ブログの収益に直結するキーワードは、ツールでしっかり調査しよう

今回は、ブログの収益に直結するキーワードを調査するのにおすすめの無料ツールを紹介しました。

ブログ初心者はツールを使ってキーワードを調査し、調査した結果からロングテールキーワードを優先的に選んでいくべきです。

法人サイトやSEO上位の競合ブログと戦って勝てるようになるために、収益に直結しなくてもロングテールキーワードでSEO上位をコツコツと地道に獲得していきましょう。

皆がやりたがらないことにチャンスがあります。

書いたブログ記事のSEO順位を分析するのは、「Rank Tracker」がおすすめです。

ブログは圧倒的に初期費用のかからない副業なので、是非重要な部分には惜しみなく先行投資してください。

ブログの収益化に必要な作業は、ブログの収益化までを完全マニュアル化【14のステップを継続せよ】で詳しく解説しています。

つみたてちゃん

本日は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が良かったらシェア、フォローしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

副業ブロガー・副業WEBライターのつみたてちゃんです。
王道SEO対策・ライティングスキル・SNS発信を中心にブログ初心者が収益化を達成するためのノウハウをマニュアル形式で発信しています。
ブログ開始2カ月で収益化達成、Twitterフォロワー数約1000人達成。

目次
閉じる