ブログの文章力を鍛える16のコツ【読者に〇〇を与えていませんか?】

  • URL Copied!
目次

記事の内容:ブログで鍛えるべき文章力は「読者にストレスを与えないこと」

お悩み人

ブログに必要な文章力を鍛えるコツはありませんか?

つみたてちゃん

そもそも、ブログに必要な文章力ってなんだと思いますか?

お悩み人

小説表現とか絶妙な言い回しとかですか?

つみたてちゃん

結論を言うと、ブログに必要な文章力は「読むのにストレスを感じない文章力」です。

お悩み人

それなら私にもできるかも。

つみたてちゃん

ブログで必要な文章力を鍛えるコツをわかりやすく解説しますね。

【結論】ブログに小説的な文章力は不要

お悩み人

そもそも、文章力ないのにブログやって大丈夫ですか?

つみたてちゃん

ブログは文章だけで読者さんに情報を伝えるわけじゃないので大丈夫です。

ブログ初心者は記事がうまく書けないと、自分には文章力がないんだと悩みがちです。

私も自分はなんて文章力がないんだと絶望した時期がありました。

でも、読者さんがブログに求めてるのは小説的な文章力じゃないんです。

例えば、説明書を読む時をイメージしてください。
小説的な文章力って求めます?
わかりやすければなんでもいいですよね。

ブログって基本的にノウハウや商品紹介など読者さんに「情報」を提供するコンテンツです。

なので、わかりやすければ小説的な文章力はなくていいんです。

ブログに必要な文章力が小説などと違う理由3選

お悩み人

小説的な文章力がなくていいのはわかりましたが、理由はどうしてですか?

つみたてちゃん

ブログに必要な文章力が小説などと違う理由は3つあります。

  1. 読者さんが求めているのは文章力ではなく「情報」
  2. 読者さんの文章への意識が高くない
  3. 読者さんは情報を得るのに「時間をかけたくない」

順番に解説します。

理由①:読者さんが求めているのは文章力ではなく「情報」

理由①:読者さんが求めているのは文章力ではなく情報だから

読者さんがブログに求めているのが文章力ではなく情報です。

小説的な文章力を求めているならそもそもキーワード検索でブログにアクセスなどしないからです。

いい文章を読みたければ、本屋で小説を買って読みます。

読者さんは無料で情報が欲しくてブログにアクセスしています。

小説的な文章力を書くのではなく、読者さんが欲しがる情報を記事の内容にしましょう。

ブログの内容の決め方については、記事の準備中です。

理由②:読者さんの文章への意識が高くない

理由②:読者さんの文章への意識が高くない

読者さんはブログの文章に対して意識が高くありません。

ブログは無料で読めるので、ストレスを感じたら他の記事を読めばいいからです。

実際に、検索エンジンでキーワード検索をするとキーワードを狙って書かれた記事が複数出てきます。

最初にアクセスした記事で満足できなければ他の記事を読めばいいくらいにしか読者さんは思っていません。

なので、ブロガーが意識するべきは小説的な文章力を鍛えることでなく、ストレスを与えない文章力を鍛えることです。

理由③:読者さんは情報を得るのに「時間をかけたくない」

理由③:読者さんは情報を得るのに時間をかけたくない

読者さんはなるべく時間をかけずに情報が欲しいと思っています。

シンプルにブログにアクセスしている理由が決まっているからです。

例えば、パソコンの不具合を解決する記事に紆余曲折のストーリーなど求めません。
1秒でも早く問題を解決したくてキーワード検索をしています。

なので、ダラダラと記事を書かずに読者さんが短時間で情報を得られる文章力を身につけましょう。

【誰でもできる】ブログの文章力を鍛えるコツ16選

お悩み人

読者さんにストレスを与えない文章力のコツを教えてください。

つみたてちゃん

全部で16個と数は少し多いですが、1つ1つしっかりとできるようになりましょう。

誰でもできるブログに必要な文章力を鍛えるコツ16選は下記の通りです。

  1. 記事の目的を決める
  2. 記事の構成を決める
  3. 記事は型(テンプレート)で書く
  4. 見出しにこだわる
  5. 1つの見出し内に情報を詰め込まない
  6. 会話をイメージして書く
  7. 1文はなるべく短く
  8. 「です。ます。」or「だ。である。」調のどちらかで統一
  9. 同じ語尾を続けない
  10. 専門用語を使わない
  11. 指示語を使わない
  12. 装飾で文章にメリハリをつける
  13. 挿絵を入れる
  14. 余計な言葉はとにかく削る
  15. 記事が書けたら音読・黙読でチェック
  16. スマホ・PCの両方で読みやすさをチェック

順番に解説します。

コツ1:記事の目的を決める

コツ①:記事の目的を決める

まずは、記事の目的を決めましょう。

誰に・どんな内容の記事を届けるか(目的)が決まっていなければ必要な準備ができないからです。

例えば、目的地が決まっていない旅だときちんとした準場ができません。
海へ行くのか。山へ行くのか。友達と行くのか。家族で行くのか。
目的が異なれば必要になる準場は異なります。
海へ家族で行くのに、一人分の山の準備では役に立ちません。

ブログも同じで、目的に合わせた準備をしなければ読者さんの役には立てません。

記事の目的を決めるためには、キーワード選定をする

記事の目的を決めるためにキーワード選定をしましょう。

キーワードは読者さんの求める情報そのものだからです。

当記事もまずはキーワード選定から行い、読者さんの求める情報を把握した上で書いています。

記事の目的を決めるために、まずはキーワード選定をするのがコツです。

キーワード選定については、ブログのキーワード選定のコツ3選【初心者でも3ステップでかんたん】でわかりやすく解説しています。

コツ2:記事構成を作る

コツ②:記事構成を作る

記事の目的が決まったら記事の構成を作りましょう。

記事の構成を作ることでより読者さんが読みやすいブログ記事が書けるからです。

具体的には、見出し・記事タイトル・メタディスクリプションなどを決めます。
※メタディスクリプションとは、検索結果に表示される記事の概要です。

記事構成を作るためには、しっかりと想定読者のニーズを調べる必要があります。

ニーズを調べて記事構成を作れれば読者さんが読みやすい記事が書けるようになります。

記事構成の作成はブロガーにも大きなメリットがある

記事構成を作るとブロガーにも「記事が書きやすい」という大きなメリットがあります。

どこに何を書くのかが明確になった状態で本文を書き始めるので、余計な内容をダラダラと書かなくて済むからです。

見出し等が決まっているので、あとは対応する本文を書くだけでいいんです。

読者さんが読みやすい・ブロガーも書きやすいといいことだらけなのでブログの記事構成は必ず作りましょう。

記事構成の作り方については、ブログ記事構成作成マニュアル!6つのステップでらくらく作成!でわかりやすく解説しています。

コツ3:記事は型(テンプレート)で書く

コツ3:記事はテンプレートで書く

記事の本文はテンプレートで書きましょう。

読者さんが読みやすいように作られた型があるからです。

具体的には、「書き出し(リード文)」「本文」「まとめ」と3つのパートに分けて書くようにしましょう。

ブログ初心者がオリジナルの型で書いても読みやすい記事は書けないので、まずはテンプレートに沿って書きましょう。

記事の書き方のテンプレートについては、【ブログの書き方】テンプレートを使ってプロ顔負けの記事を書こうでわかりやすく解説しています。

コツ4:見出しにこだわる

コツ4:見出しにこだわる

ブログ記事の見出しにはこだわりましょう。

読者さんは記事を読むかどうか見出しで判断するからです。

説明書を読むときに自分が欲しい情報がどこに載っているかを目次で確認しますよね。

見出しを作るとほとんどのWordPressテーマでは、見出しが書かれた目次が記事の上部に表示されます。

そして、読者さんは見出しの中から自分が欲しい情報が書かれている部分を探し、情報がなければブログから離脱します。

つまり、ブロガーは見出しの段階で読者さんをひきつけなければいけません。

読者さんをしっかりと記事にひきこむためにも見出し作りにはこだわりましょう。

見出しの作り方については、ブログの見出しの作り方【アクセス数と読者の滞在時間を伸ばす】でわかりやすく解説しています。

コツ5:1つの見出し内に情報を詰め込まない

コツ5:1つの見出し内に情報を詰め込まない

1つの見出しに情報を詰め込むのはやめましょう。

文章が長くなると読者さんのストレスになるからです。

具体的には、結論→理由→具体例→結論(PREP法)を用いて4~5ブロック程度に抑えるのが理想です。
長くなるようなら小見出しを作って区切りを入れるようにしましょう。

丁寧に書くと読者さん思いのように感じますが、文字が増えると読者さんに文字を読ませてストレスを与えかねません。

読者さんがストレスなく記事が読めるように、1つの見出し内で文章を長く書きすぎないようにしましょう。

コツ6:会話をイメージして本文を書く

コツ6:会話をイメージして本文を書く

記事内では会話をイメージして本文を書きましょう。

会話をイメージした文章はわかりやすいからです。

読者さんが持っているであろうQ(疑問)に対して、A(回答)を書いていくイメージです。
当ブログでは、よりわかりやすいようにH2見出し下でふきだしではっきりとQ&Aを強調しています。

会話をイメージすることで読者さんがわかりやすい文章になるのでおすすめです。

コツ7:1文はなるべく短く

コツ7:1文はなるべく短く

1文はなるべく短くしましょう。

長すぎる1文は読みづらいしわかりにくいからです。

具体的には、1文内で使う句読点はなるべく1つ最大で2つまでを意識しましょう。

例えば、下記の2つ比べてみましょう。
①お腹が空いたので食事をしようとレストランへ行ったら、たまたま友人にばったり会って一緒に食事をし、お互い時間があったのでそのまま一緒に買い物をしました。
②お腹が空いたので食事をしようとレストランへ行ったら、たまたま友人に会い一緒に食事をしました。
 お互い時間があったので、そのまま一緒に買い物をしました。

極端な例ですが、どちらが読みやすいかは言うまでもありません。

長くなるようなら一度文章は切り、1文はなるべく短く書きましょう。

コツ8:「です。ます。」or「だ。である。」調のどちらかで統一

文章の語尾は「です。ます。」or「だ。である。」どちらかの調子で統一しましょう。

バラバラに使うと読んでいて違和感を感じるからです。

当ブログでは「です。ます。」調に統一しています。
個人的に「だ。である。」調は少し高圧的に感じるからです。

読者さんに文章を読んでいて違和感を与えないために文章の語尾はどちらかで統一しましょう。

コツ9:同じ語尾をつづけない

コツ9:同じ語尾を続けない

同じ語尾が続かないように注意しましょう。

機械的な文章になってしまうからです。

下記を見てください。

ブログには小説的な文章力は必要ないです。
読者さんが求めているのが情報だからです。
例えば、説明書は小説的な表現で書いていないです。
読者さんにストレスを与えないことが重要です。

同じ語尾が続くと機械的な文章になってしまいますね。

ブログには小説的な文章は必要ありません。
読者さんが求めているのが情報だからです。
例えば、説明書は小説的な文章では書いていません。
読者さんにストレスを与えないことが重要です

上記のように「です。ます。」を上手く混ぜれば機械的な文章になりません。

読者さんが違和感を感じないように、同じ語尾が続かないように工夫してください。

コツ10:専門用語を使わない

コツ10:専門用語を使わない

記事内で専門語はなるべく使わないようにしましょう。

専門用語を使うと読者さんに内容が伝わらなくなってしまうからです。

基本的には専門用語以外で言い換えをして、どうしても使わなければいけない場合には下記のような補足説明をしてください。

ワードプレスとは、サイトやブログの作成ができる管理システムの1つで無料で使えるソフトです。

ブログは読者さんに情報を伝えるために書くので、情報が伝わらなくなる専門用語は使わないようにしましょう。

コツ11:指示語を使わない

コツ11:指示語を使わない

指示語(これ・それ・あれ・どれ)は使わないようにしましょう。

指示語を使うと読者さんが混乱する可能性があるからです。

例えば、このリンク先から登録できます。
上記のように書いてしまうと、複数のリンクがあった場合に読者さんはどのリンク?と混乱してしまいます。

読者さんが混乱しないように指示語はなるべく使わないようにしましょう。

コツ12:装飾を使って文章にメリハリをつける

コツ12:装飾を使って文章にメリハリをつける

装飾を使って文章にメリハリをつけましょう。

装飾を使うことでただ文章を読むより読者さんがストレスなく読めるからです。

下記の2つを見比べてみてください。

装飾を使わない文章例
装飾を使った文章例

書いてある内容は同じですが、装飾を使うことでメリハリがついているのが一目瞭然です。

ただの文章をひたすら読むのは読者さんにとってはストレスです。

読者さんにストレスを与えないために装飾で文章にメリハリをつけるのは効果的です。

使える装飾や装飾の使いやすさはWordPressテーマによって異なる

当ブログで使っているWordPressテーマ「SWELL」はワンタッチで文章に装飾ができます。

何気ないことですが、記事の執筆スピードの大きな影響を与えます。

ブログを運営する上で記事作成の時間が短縮できるのは超メリットです。

WordPressブログでおすすめのテーマについては、WordPressのテーマは2択。ブログ初心者は使いやすさで選ぶでわかりやすく解説しています。

コツ13:挿絵を入れる

コツ13:挿絵をいれる

ブログ記事には挿絵をいれましょう。

文章だけではイメージしにくい内容をサポートしてくれるからです。

例えば、下記の画像を見てください。

ブログ SNS 集客
ブログの文章力を鍛えるコツ:挿絵を入れる

上記画像を文章だけで説明することもできますが、読者さんがスッと理解できるのは画像解説です。

挿絵は装飾と同様に文章にメリハリをつける効果もあるので、必ずブログ記事ではいれてください。

挿絵やアイキャッチの作り方については、記事の準備中です。

コツ14:余計な言葉はとにかく削る

コツ14:余計な言葉はとにかく削る

余計な言葉はとにかく削りましょう。

余計な言葉があると文章が長くなり読者さんがストレスを感じるからです。

無駄につけてしまいがちな言葉は「~こと」です。

ブログは日記ではないので余計な言葉はとにかく削りましょう。

コツ15:記事が書けたら黙読・音読でチェック

コツ15:記事が書けたら音読・黙読でチェック

記事が完成したら黙読・音読でダブルチェックしましょう。

誤字脱字や読者さんがストレスを感じる部分を探すためです。

記事を書いた自分が読んでいてストレスを感じるようであれば、読者さんはもっとストレスを感じます。

読者さんがストレスなく記事が読めるように黙読・音読で完成した記事のチェックをしましょう。

コツ16:スマホ・PCの両方で読みやすさをチェック

コツ16:スマホ・PC両方で読みやすさをチェック

完成した記事の読みやすさはPC・スマホの両方で読みやすさをチェックしてください。

特にスマホで記事のバランスが崩れていないかは要チェックです。

現在は超スマホ文化だからです。

当ブログも読者さんの多くがスマホからアクセスしてくださっています

ブログはパソコンで記事を書くケースが多いですが、スマホから読みづらい記事になっているとせっかくアクセスしてくれた読者さんにストレスを与えてしまいます。

アクセスしてくれた読者さんを逃がさないためにも、スマホ・PCの両方で読みやすさをチェックしましょう。

文章力の他にブログで大事なこと5選

お悩み人

ブログの文章力を鍛えるコツはわかりました。
その他に大事なことはありますか?

つみたてちゃん

文章力も大切ですが、他にも大切なことがあります。

①:ブログの本質は読者さんの悩みを解決すること

ブログの本質は読者さんの悩みを解決すること

大前提として、ブログの本質は読者さんの悩みを解決することです。

つまり、自分が書きたい内容を書くのではなく、読者さんが知りたい内容を書きます。

読者さんが知りたい内容を知るには、ペルソナ設定が必要です。

ペルソナ設定とは、記事で狙うターゲットを顔がイメージできる身近な人に設定することです。

身近な人を記事のターゲットにすると「キーワードを検索する意図」「悩み」などがわかります。

検索意図や悩みがわかれば、当記事で解説したコツを抑えてわかりやすい本文を書くだけです。

読者さんの悩みを解決するためにしっかりとペルソナ設定をしましょう。

ペルソナ設定については、【ブログ版ペルソナ】設定手順は3ステップ!アクセス&収益を増やすでわかりやすく解説しています。

②:ブログのデザインを整える

ブログのデザインを整える

ブログのデザインは読者さんが読みやすいデザインに整えましょう。

デザインが整っていないと見づらくて読者さんが離脱してしまうからです。

どんなに美味しい料理を出すお店でも外観が汚ければお客さんは増えにくいです。

凝ったデザインにする必要はありません。シンプルで読みやすいデザインでOKです。

シンプルなデザインに整えるだけでグッと読みやすい記事になります。

読者さんが読みやすいブログのデザインについては、【ブログのデザインはテンプレートを使え】読者目線ならシンプル一択でわかりやすく解説しています。

③:ブログ運営の戦略を決める

ブログ運営の戦略を決める

ブログをどうやって運営していくか戦略を決めましょう。

闇雲に記事を書いてもブログで収益を得られないからです。

具体的には、アクセスを集める記事と収益を得る記事を分類しカテゴリー分けをします。

上記の作業を「サイト設計」と言い、ブログ収益化に必須の作業です。

サイト設計については、ブログのサイト設計を解説!アフィリエイトで収益を得るなら必須作業でわかりやすく解説しています。

④:発信するテーマでの知識を深める

発信するテーマの知識を深める

発信者である自分自身の知識を深めるのは超重要です。

シンプルに知識が深まればより有益な発信ができるからです。

私もブログ運営ノウハウなど全く知らないど素人でしたが、自分自身が日々インプットで知識を深めながら発信をしています。

自分の成長にもつながるし読者さんも有益な情報を得られるようになるので、ブロガーは常に知識を深める努力をしましょう。

⑤:SEO対策・SNS発信で読者さんへ記事を届ける

SEO対策・SNS発信で読者さんに記事を届ける

書いた記事を読者さんに届けるために、SEO対策とSNS発信をしましょう。

SEO対策で検索エンジン(Google)からのアクセスを増やす

SEO対策はブログ集客の王道です。

SEOとは検索エンジン最適化のことで、かんたんに言えばGoogleの検索上位を取るためのテクニックです。

ブログの集客には必須の対策なので、しっかりと基本から学び実践しましょう。

SEO対策については、ブログのSEO対策はしてますか?初心者は【チェックリスト】で攻略でわかりやすく解説しています。

SNS発信でダイレクトにアクセスを増やす

SNS発信はブログと非常に相性が良く、SEO対策のデメリットをカバーしてくれます。

具体的には、効果が出るのに時間がかかるSEO対策に対して、SNS発信は即効性があります。

フォロワーさんを増やす努力が必要になりますが、フォロワーさんのタイムラインにダイレクトに自分の発信を届けられるのでSEO対策同様にブログ集客には必須です。

SNS集客については、ブログ×SNSで集客を成功させる【”違い”を理解して運用しよう】でわかりやすく解説しています。

まとめ:コツを抑えてサクッと読める文章力を鍛えよう

本日はブログに必要な文章力について解説しました。

ブログ初心者でもブログに必要な文章力は鍛えられます。

ブログに必要な文章力は小説とは異なり、コツさえ抑えれば身につけられるからです。

ブログで収益を得るには、読者さんがストレスなく読める記事を書く文章力は必須です。

まずは当記事で紹介したコツを確認しながら文章を書く練習をしましょう。

記事を書き続けていればブログに必要な文章力が必ず身につきます。

その他にもブログの収益化に必要な作業はたくさんあります。

ブログの収益化までを完全マニュアル化【14のステップを継続せよ】でわかりやすく解説してるので是非参考にしてください。

つみたてちゃん

本日は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が良かったらシェア、フォローしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

副業ブロガー・副業WEBライターのつみたてちゃんです。
王道SEO対策・ライティングスキル・SNS発信を中心にブログ初心者が収益化を達成するためのノウハウをマニュアル形式で発信しています。
ブログ開始2カ月で収益化達成、Twitterフォロワー数約1000人達成。

目次
閉じる