Google XML Sitemapsがない?導入・設定・使い方を解説。

  • URL Copied!
つみたてちゃん

当記事の内容は下記の通りです。
お好きなところからお読みください。

目次

当記事の内容:Google XML Sitemapsのインストール・設定・使い方を解説

お悩み人

Google XML Sitemapsをインストールしようと思ったら出てこないです。
インストール方法・設定方法・使い方などを教えてください。

つみたてちゃん

Google XML Sitemapsのインストール方法・設定・使い方をわかりやすく解説しますね。

↑目次へ戻る

【前提知識】Google XML Sitemapsとは?

お悩み人

Google XML Sitemapsってなんですか?
とりあえず必要って書いてあったからインストールしようと思ってます。

つみたてちゃん

Google XML Sitemapsの役割や必要性を解説します。

Google XML Sitemapsの役割

Google XML Sitemapsとは、インターネット上の情報を集めるロボット(クローラー)にブログを巡回してもらうためのプラグインです。

クローラーは巡回して集めた情報を検索エンジン(GoogleやYahoo!)のサーバーへ持ってかえって保存する役割を持っています。

かんたんに言うと、Google XML Sitemapsはクローラーが情報を集めやすいようにする地図です。

地図があるのとないのでは、ブログで記事を書いてから検索エンジンの検索結果に反映されるまでにかかる時間が段違いです。

ブログで書いた記事を検索エンジンにすぐに表示してもらえるようにGoogle XML Sitemapsが必要です。

Google XML Sitemapsは不要?

結論から言うと、Google XML Sitemapsは必要です。

WordPressではサイトマップが標準で出力されるのですが、細かな設定ができないなど機能が不十分だからです。

Google XML Sitemapsは非常に軽いプラグインなので、サイト・ブログの表示速度に悪影響を与えません。

検索エンジンに素早く情報を与えるためにGoogle XML Sitemapsは必要です。

↑目次へ戻る

出てこない?Google XML Sitemapsのインストール方法

お悩み人

プラグインをインストールしようと思ってもGoogle XML Sitemapsが出てこないです。
なくなっちゃったんですか?

つみたてちゃん

名前がGoogle XML Sitemapsじゃないからわかりづらいですよね。
インストール方法を画像つきでわかりやすく解説します。

まずは、WordPressのダッシュボードにログインしてください。

左側のメニュー内「プラグイン」「新規追加」とクリックして、検索ウィンドウに「XML Sitemaps」と入力してください。

すると下記の画像のプラグインが出てくるのでインストールしてください。
※Google XML SitemapsはXML Sitemapsに名前が変わりました。

WordPressへのインストールはたったこれだけで完了です。

↑目次へ戻る

【4ステップ】かんたんなGoogle XML Sitemapsの設定方法と正しい使い方

お悩み人

インストールはできたんですが、どんな設定をすればいいですか?

つみたてちゃん

設定は4ステップでかんたんです。
画像つきで解説します。

Google XML Sitemapの設定をしていきましょう。

設定項目は下記の4点です。

  1. 基本設定
  2. 表示設定
  3. 更新頻度の設定
  4. 優先順位の設定

設定はチェックマークやメニューから選択するだけなど、かんたんな内容なので安心してください。

上記4つの設定はすべて「WordPressダッシュボード」「設定」「XML Sitemaps」で行います。

順番に解説します。

ステップ①:サイトマップの基本設定

サイトマップの基本設定では、「基本的な設定」「投稿の優先順位」について設定します。

基本的な設定

まずは、検索エンジンへ通知をするかどうかの設定をします。

下記画像のようにすべてにチェックをいれてください。

上の2つをチェックすると、ブログで新しい記事を書いたり、ブログ自体を更新したときに検索エンジン(GoogleとBing)に通知されます。

上記により更新情報がスピーディーにインデックスされる可能性が高まります。

インデックスとは、インターネット上の情報を集めるロボット(クローラー)が検索エンジンにブログの情報を持ち帰り、実際に記事が検索結果に反映されることです。

また、一番下にチェックを入れるとサイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができます。

基本的な設定の3項目は超重要なので必ずすべてにチェックマークが入っていることを確認してください。

投稿の優先順位

記事の投稿や更新したページのブログ内での重要性を決めて、検索エンジンに伝える事もできます。

優先順位を自動的に計算しないを選択してください。

優先順位については、後ほど他の項目で設定します。

ステップ②:サイトマップの表示設定

次に、サイトマップに載せるコンテンツの設定をします。

上記画像のように4つの項目にチェックをいれてください。

これによりサイトマップには重要なページだけが載るようになり、クローラーに重要ではないページへは情報を集めにいかないように指示できます。

重要なページのコンテンツ情報だけを効率良くクローラーが集められるようになるので、SEO対策に良い影響があります。

さらに、特定のカテゴリーや投稿ページをサイトマップに載せない設定もできますが、基本的にデフォルトのままでOKです。

ステップ③:サイトマップの更新頻度の設定

次は、サイトマップの更新頻度を設定します。

上記画像だと少し見づらいので、下記のように設定してください。

  1. 毎日 ホームページ
  2. 毎日 投稿
  3. 毎週 固定ページ
  4. 毎日 カテゴリー別
  5. 更新なし 今月のアーカイブ
  6. 毎年 古いアーカイブ
  7. 毎日 タグページ
  8. 毎週 投稿者ページ

上記の設定でクローラーがブログを巡回するようになります。

重要なページを優先的にクローラーが巡回するように設定するのは、SEO対策において超重要なポイントです。

つみたてちゃん

人によっては①から④を毎日に設定し、⑤から⑧は更新なしにしている人もいます。
そのあたりはSEO対策への考え方によって異なります。

ステップ④:サイトマップの優先順位の設定

最後に、サイトマップの優先順位の設定をします。

ブログ内のページ同士での優先順位を決めます。

数値は1.0(超重要)から0.1(ほとんど重要じゃない)で設定できます。

ステップ③のサイトマップの更新頻度で「毎日」と設定した項目を0.8、それ以外を0.3で設定してください。

これでGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。

つみたてちゃん

ステップ③と同様に人によっては、上から5番目までは0.8、それ以降は0に設定している人もいます。

↑目次へ戻る

サーチコンソールへGoogle XML Sitemapsを送信する方法

お悩み人

Google XML Sitemapsはサーチコンソールへ送信した方がいいって聞きました。
方法を教えてください。

つみたてちゃん

サーチコンソールへサイトマップを送信することでクローラーがよりあなたのブログを発見しやすくなります。
設定もかんたんです。

Googleサーチコンソールの設定がまだできていない方は、Googleサーチコンソールの登録・設定方法を参考に先に設定してください。

設定が済んでいる方は、サーチコンソールへログインしましょう。

>>>サーチコンソールのログインページ

サーチコンソールにXML Sitemapsを送信する

ログインしたら、

  1. 設定したいサイトが選択されているかを確認してください。(複数登録している人)
  2. 問題がなければサイトマップをクリックします。

サイトマップをクリックしたら、

  1. 「新しいサイトマップの追加」にGoogle XML Sitemapsで作ったサイトマップのURLを入力します。
  2. 「送信」をクリックします。

これでサーチコンソールへのサイトマップの送信は完了です。

ちなみに、サイトマップのURlは「Google XML Sitemaps」で確認します。

「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」上記の部分をコピペしてサーチコンソールに貼り付ければOKです。

XML Sitemapsがサーチコンソールへ送信できたかを確認する

サーチコンソールへのサイトマップの送信が成功したがどうかは、サーチコンソールで確認できます。

上記画像のように「成功しました」と表示されていればOKです。

↑目次へ戻る

All in One SEO Packとの競合に注意しよう

お悩み人

使っているプラグインにサイトマップを作る機能があるんですが、両方で作って大丈夫ですか?

つみたてちゃん

プラグインが競合すると悪影響があるので、どちらか一方もしましょう。

最後に、All in One SEO Packを代表とするサイトマップを作ってくれるプラグインを使っている人は注意が必要です。

Google XML Sitemapsとダブルでサイトマップを作ってしまうと下記のような警告が表示されます。

Google XML Sitemapsと他プラグインの競合警告

対処法はシンプルにGoogle XML Sitemaps以外のプラグインでは、「サイトマップの作成機能をオフにする。」これでOKです。

プラグインは便利なものをなんでも入れればいいわけではありません。

自分が使っているWordPressテーマと相性の良いプラグインを必要最低限だけ導入してください。

まだWordPressテーマを何にすればいいか迷っているという方は、WordPressのテーマは2択。ブログ初心者は使いやすさで選ぶでWordPress初心者に本当におすすめできるWordPressテーマを2つに絞って解説しています。

つみたてちゃん

当ブログでは「SWELL」を使っています。
初心者でもかんたんにプロ顔負けのおしゃれで読みやすいブログ作りができるのでデモサイトを一度覗いてみてください。

↑目次へ戻る

まとめ:Google XML Sitemapsはブログの必須設定

今回は、Google XML Sitemapsのインストール・設定・使い方を解説しました。

Google XML Sitemapsは検索エンジンにブログやサイトの情報を伝えるために必須のプラグインです。

サイトマップを送信しないと、クローラーがブログの情報をインデックスするのに時間がかかるからです。

ブログがインデックスされなければ読者さんの検索結果に表示されるようになりません。

WordPressでブログを解説したら土台作りとして必ずGoogle XML Sitemapsをインストールし、サイトマップを送信してください。

その他にもブログ収益化を目指す上で必須の土台作りがあるので下記を参考にまだ行っていない土台作りがあれば必ず最初にやっておきましょう。

この記事が良かったらシェア、フォローしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

副業ブロガー・副業WEBライターのつみたてちゃんです。
王道SEO対策・ライティングスキル・SNS発信を中心にブログ初心者が収益化を達成するためのノウハウをマニュアル形式で発信しています。
ブログ開始2カ月で収益化達成、Twitterフォロワー数約1000人達成。

目次
閉じる