【注意】ブログのリライトの正しいやり方を解説【SEO順位を改善】

  • URL Copied!
お悩み人

ブログを始めたばかりでリライトのやり方がわからない。
リライトはどんなことに注意すればいい?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログのリライトをする意味は?
・ブログのリライトをする時期は?【ブログ初心者には必要なし】
・【実践】ブログのリライトのやり方
・ブログのリライトをする時の注意点〇選
・【心理】ブログのリライトをしたくなる理由

ブログを始めたばかりだと、日々新しい学びがあります。

特に記事の書き方については、記事を書く毎にライティングスキルが向上するので、前に書いた記事をリライト(修正)したくなりがちです。

私もブログを始めたばかりの頃は、なんとなくリライトで満足していたので気持ちがよくわかります。

しかし、リライトは目的をもってしなければ意味がないので注意が必要です。

本記事読むと、ブログのリライトの正しいやり方と注意点がわかり、SEO順位を上位へとあげるための改善ができるようになります。

目次

ブログのリライトする意味は?

ブログのリライトをする意味
お悩み人

ブログのリライトってなんのためにやるんですか?

つみたてちゃん

ブログのSEO対策を改善して、Googleでの検索上位を取るためです。

もう少しわかりやすく言うと、

  • 選んだキーワードのSEO順位で上位が狙えるように改善する
  • ブログ記事の情報を定期的に最新バージョンにアップデートする

ということです。

そもそもキーワードを選んで記事を書いていないとリライトする意味はありません。

まだブログのキーワード選びがよくわかっていないという人は、【ブログ】キーワード選定のコツを解説【ここを間違えると挫折する】で詳しく解説しています。

ブログのキーワード選定に便利な無料ツールについては、【超重要】ブログはキーワードが命。無料ツール2選でSEO対策をで詳しく解説しています。

ブログをリライトするには、リライト効果のある記事かどうかを検索順位チェックツール「Rank Tracker」で計測すり必要があります。

キーワードツールでキーワード選定をした上で記事を書く
・検索順位チェックツールでSEO順位を日々チェックする
上記を実践していない人はブログのリライトをする段階にまだありません。

知識だけでもつけておきたいという方は是非最後まで読んでください。

ブログのリライトをするタイミングは?【ブログ初心者には必要なし】

ブログのリライトをする時期は?
お悩み人

ブログのリライトっていつ頃から始めればいいですか?

つみたてちゃん

ブログがある程度完成するまでやらなくて大丈夫です。

ブログにコンテンツが少ないのであれば、リライトより新しい記事を書くことに力をいれるべきだからです。

何記事かブログを書くとライティングスキルが上がります。

最初の頃に書いた記事はSEO対策もできてない、タイトルもめちゃくちゃでリライトしたくなる気持ちはわかります。

でも、ブログのコンテンツが少ない状況でリライトをしてもSEO効果は高まらないし、SEO順位が上位にはなりません。

つみたてちゃん

私も今公開されている記事で恥ずかしくてリライトしたい記事があります。(笑)

リライトより記事を増やしてGoogleの評価を上げる方が重要

リライトより記事を増やしてGoogleの評価を上げる方が重要です。

記事が少ないブログはドメインパワーが低く、リライトをしてもSEO効果が出にくいからです。

10記事しかない状態でリライトをするより、30記事書いてから上位が狙えそうなキーワードの記事をリライトする方がGoogleからの評価があがりやすいです。

まずはリライトより記事を増やしてGoogleからの評価を上げましょう。

ブログがある程度完成するとリライト効果のある記事が見えてくる

ブログがある程度完成するとリライト効果のある記事が見えてきます。

SEO対策の効果が出てきて、Googleからブログが評価されてくるからです。

Googleから評価されるようになると、ブログ内の記事が下記のように分けられます。

  1. リライト効果があり、SEO順位の改善が見込める記事
  2. リライトではSEO順位の改善が見込めない記事

上記の判断をするには、検索順位チェックツール「Rank Tracker」が便利です。

Googleサーチコンソールでもできないことはないですが、正直非効率です。

つみたてちゃん

ブログ記事の分析は収益化を目指す上で必須です。
ブログはコストのかからない副業なので迷わず投資しました。

【SEO順位を改善】ブログのリライトのやり方を3ステップで解説

SEO順位を改善するブログのリライトのやり方
お悩み人

リライトのやり方をわかりやすく教えてくれませんか?

つみたてちゃん

SEO順位の改善が見込めるリライトのやり方を「3ステップ」で解説します。

STEP
リライト効果のある記事を把握する
STEP
記事をリライトしてSEO対策を改善する
STEP
チェックツールでリライト後のSEO順位を確認する

順番に解説します。

STEP1:リライト効果のある記事を把握する

リライトのステップ1は、「リライト効果のある記事を把握する」です。

「リライトで改善できる記事」と「リライトでは効果が望めない記事」があるからです。

リライト効果のある記事の判断基準は下記の4つです。

  1. 記事を公開してから1ヶ月以上経っている
  2. リライト前のSEO順位が50位以内の記事
  3. 月間検索ボリュームが多い
  4. リライトをするメリットがある

記事を公開してから1ヶ月以上経っている

記事を公開してから1ヶ月以上経っている記事をリライト候補にしましょう。

記事の公開から1ヶ月はSEO順位が変動しやすいからです。

1ヶ月後には上位10位以内に表示されるかもしれない記事をリライトするのはもったいないです。

記事を公開してから1ヶ月以上立っている記事のリライトを優先しましょう。

リライト前のSEO順位が50位以内

リライト前のSEO順位が50位以内の記事をリライト候補にしましょう。

50位以内の記事であればリライトによって上位へと改善できる可能性があるからです。

上位50圏外の記事は、リライト効果が弱くSEO順位の改善が見込めません。

リライト前のSEO順位が50位以内の記事のリライトを優先しましょう。

書いた記事のSEO順位には、「Rank Tracker」を使いましょう。
一瞬で自分が書いてきた記事のSEO順位が確認できます。

月間検索ボリュームが多い

月間検索ボリュームが多い記事をリライト候補にしましょう。

検索需要のある記事でSEO順位を上位に改善できれば、Googleからブログへの検索流入の増加が期待できるからです。

そもそも月間検索ボリュームが多い記事を中心に記事を書くべきですが、検索ボリュームは少ないけど需要のある記事は少なからず存在します。

上記のような記事をブログに用意していると読者さんからの信頼につながりますが、リライトの優先順位としては後にしましょう。

月間検索ボリュームが多い記事のリライトを優先しましょう。

リライトをするメリットがある

リライトをするメリットがある記事をリライト候補にしましょう。

シンプルに効率がいいからです。

具体的には、収益につながる記事のリライトはメリットがあります。

リライトをするメリットがある記事を優先しましょう。

STEP2:記事をリライトしてSEO対策を改善する

リライトのステップ2は、「記事をリライトしてSEO対策を改善する」です。

リライト時に大事なポイントは、下記の4点です。

  1. タイトル・見出し・メタディスクリプション・本文にSEOキーワードは含まれているか
  2. タイトル・見出し・本文に共起語が含まれているか
  3. ブログ・記事への読者さんの滞在時間(エンゲージメント)
  4. SEO順位が上位の競合ブログとの比較

順番に解説します。

タイトル・見出し・メタディスクリプション・本文にSEOキーワードは含まれているか

タイトル・見出し・メタディスクリプション・本文にSEOキーワードが含まれているか確認しましょう。

上記に狙ったキーワードを含めるのがSEO対策では必須だからです。

ブログ開設初期に書いた記事では基本のSEO対策が行えていない可能性が高いです。

まずは、 タイトル・見出し・メタディスクリプション・本文にSEOキーワードが含まれているか確認し、含まれていなければ改善しましょう。

タイトル・見出し・本文に共起語は含まれているか

タイトル・見出し・本文に共起語は含まれているかを確認しましょう。

共起語とは、特定のキーワードと一緒によく使われる単語を言います。

共起語を記事に含めることで幅広い情報をカバーし、読者さんのニーズを満たしやすくなるからです。

上記がGoogleからの評価を高めることにも繋がり、SEO効果を高めます。

実際にSEO順位が上位の競合ブログを調査するとほとんどのブログで共起語を用いて記事が書かれています。

タイトル・見出し・本文に共起語は含まれているかを確認し、含まれていなければ改善しましょう。

ブログ・記事への読者さんの滞在時間(エンゲージメント)

ブログ・記事への読者さんの滞在時間を確認しましょう。

滞在時間が短い場合は、記事が読みづらい・想定ニーズに誤りがあるからです。

滞在時間が長いと読者さんに有益なブログと判断され、SEO効果も高まります。

記事の滞在時間は、Googleアナリティクスで確認できます。

ブログ・記事への読者さんの滞在時間を確認し、短い場合には改善しましょう。

GA4では、滞在時間という概念がなくなり、エンゲージメント(記事をゆっくりスクロールして読む)に代わっています。

SEO順位が上位の競合ブログとの比較

SEO順位が上位の競合ブログとの比較をしましょう。

SEO順位が上位の競合ブログは、非常に良くつくりこまれているからです。

特にタイトルと見出し構成に注目しましょう。
タイトルで読者さんを引き付け、見出しで読者さんに「この記事で自分の悩みを解決できる」と思わせることができています。

SEO順位が上位の競合ブログと自分のブログを比較して、マネできるところはどんどん取り入れて改善しましょう。

コピペして丸パクリは絶対NGです。

STEP3:チェックツールでリライト後のSEO順位を確認する

リライトのステップ3は、「チェックツールでリライト後のSEO順位を確認する」です。

リライトでSEO順位が改善できたのかを確認するためです。

何度もお伝えしていますが、検索順位のチェックは 「Rank Tracker」 がおすすめです。

リライト後のSEO順位確認には、下記の注意点があります。

  1. SEO順位の定着には、リライト後1カ月ほどかかる
  2. リライト直後には、SEO順位が下がることもある

「リライトしたのにSEO順位が変わってない」
「リライトしたのにむしろSEO順位が下がってる」とならないよう把握しておきましょう。

【注意】ブログのリライトで気をつけるポイント4選

注意ブログのリライトで気をつけるポイント
お悩み人

ブログのリライトをする時に注意すべきことはありますか?

つみたてちゃん

ブログのリライト時には4つの注意点があります。

①:リライトしたブログ記事をインデックスする

注意点の1つ目は、「リライトしたブログ記事をインデックスする」です。

リライトをしたら、Googleサーチコンソールでインデックスをしましょう。

インデックスをするとGoogleクローラーが優先的にリライト記事に情報を集めにきてくれます。

リライトした記事はインデックスしましょう。

つみたてちゃん

リライトして放置はもったいないです。

②:雰囲気リライトはしない

注意点の2つ目は、「雰囲気リライトはしない」です。

雰囲気リライトとは、記事の課題を把握せず目的もなくするリライトを言います。

リライトは「SEO順位の向上を目的とした記事の改善」です。

目的を持ってリライトをしましょう。

つみたてちゃん

読みづらいな~と感じる記事も滞在時間を確認して、滞在時間が短いなら滞在時間を長くする目的でリライトしましょう。

③:SEO順位が50位圏外の記事はリライトしない

注意点の3つ目は、「SEO順位が50位圏外の記事はリライトしない」です。

SEO順位が50位圏外の記事は、リライトの効果が弱くSEO順位の改善が見込めないからです。

上記のような記事で狙っているキーワードでやるべきことは、「新規記事+301リダイレクト」です。

301リダイレクトとは、古い記事のSEO評価を受け継いだまま新しい記事に飛ばすことです。

新規記事+301リダイレクトのやり方

新規記事+301リダイレクトの手順は下記の通りです。

  1. SEO順位50位圏外の記事と同じキーワードで新しく記事を書く
    (パーマリンクも新しいもので大丈夫です。)
  2. 新しい記事に301リダイレクト作業をする。

やることはすごくかんたんですが、画像付きで解説しないとわかりづらいので別記事で解説します。

SEO順位50位圏外の記事は、リライトではなく新規記事+301リダイレクトということを覚えておいてください。

301リダイレクトについての記事は、準備中です。

つみたてちゃん

リライトには向き不向きがあります。

④:リライトで必ずSEO順位があがるとは限らない

注意点の4つ目は、「リライトで必ずSEO順位があがるとは限らない 」です。

リライトは1回でSEO順位が改善される効果が得られるとは限りません。

リライトの考え方が間違っていれば、SEO順位が下がることもあります。

記事の下書き」を残しておきましょう。
新規記事でもリライト記事でもデータがあれば、なにを考えたのか・何を実践したかを振り返れます。

下書きについては、【全部無料】ブログの下書きにはこれ。おすすめツール3選を紹介で詳しく解説しています。

リライトで必ずSEO順位があがるとは限らないことに注意しましょう。

つみたてちゃん

リライトはSEO順位の改善を目的としているけど、絶対上手くいくとは限りません。
失敗を成功につなげるために下書きでデータを残しておきましょう。

ブログのリライトに必須のツール選

SEO検索順位チェックツール:Rank Tracker(ランクトラッカー)

必須ツール1つ目は、SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」です。

Google上での記事のSEO順位をチェックするために使います。

月1000円程で使えるのでブログの収益化を目指す人は、絶対に使うべきです。

SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker」

上記画像のように狙ったキーワードで何位に表示されているかが一括でわかります。

Rank Trackerのレビュー記事は、現在準備中です。

ブログ滞在時間チェックツール:Googleアナリティクス

必須ツール2つ目は、「Googleアナリティクス」です。

無料で使えるツールで読者さんのブログ記事への滞在時間(エンゲージメント)を調べるのにつかいます。

Googleアナリティクスで滞在時間(エンゲージメント)を確認

上記画像は当ブログで最も平均滞在時間の長い記事です。

読んでくださった読者さんの記事への平均滞在時間が「7分以上」であることを示すデータです。

読者さんを記事に引き込めているかを一目で判断できます。

短かければ、下記のどちらかが問題として考えられます。

  1. 記事が読みづらい
  2. 読者さんのニーズ想定を誤っている

競合ブログを参考に自分のブログの問題点を考えて改善しましょう。

読者さんの記事への滞在時間を把握するために、Googleアナリティクスは必須です。

無料キーワードツール:ラッコキーワード

必須ツール3つ目は、「ラッコキーワード」です。

共起語の調査・サジェストキーワードの調査・競合ブログの見出し分析に使います。

上記の3つすべてがSEO順位を改善するブログのリライトにおいて超重要です。

ラッコキーワードは無料で使えるツールなので必ず使ってください。

まとめ:ブログのリライトでSEO順位を改善し、上位の競合に迫ろう

本日は、ブログの収益化に必須の作業であるリライトについて解説しました。

リライトはブログ記事のSEO順位を改善するために、課題を発見し目的をもって行う作業です。

ツールを使い、注意点に気をつければリライトでSEO順位を改善することはできます。

逆に正しいリライトのやり方を知らずに雰囲気リライトを繰り返していては、SEO検索順位で上位をとることはできません。

まずは、 「Rank Tracker」 を導入して書いた記事のSEO順位を日々確認することから始めましょう。

つみたてちゃん

本日は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が良かったらシェア、フォローしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

副業ブロガー・副業WEBライターのつみたてちゃんです。
王道SEO対策・ライティングスキル・SNS発信を中心にブログ初心者が収益化を達成するためのノウハウをマニュアル形式で発信しています。
ブログ開始2カ月で収益化達成、Twitterフォロワー数約1000人達成。

目次
閉じる